彼岸花が咲きました。

こんにちは。

秋が一歩、二歩、歩みを進めて、
ふるさとの森でも、彼岸花が咲きました。
DSCF6267.JPG

DSCF6266.JPG

昨年、プランターで窮屈に咲いていたのですが
林床に移植したのが、見事に咲いたのです。
DSCF6264.JPG

白い花も咲きました。
DSCF6286.JPG

DSCF6269.JPG

まだまだ本数は少ないのでが、来年、再来年と
増えていく様を、思い浮かべると楽しみです。

文章 ダー
監修 はーみん





秋、深まる。

こんにちは。
だんだん秋が深まってきました。
今回も、秋の贈り物を紹介します。

先ずは、柿の葉のアートから。
森には柿の木が何本かあります。
とても高い木なので、実に気づく方は少ないと思いますが。
柿の葉.JPG

実はまだ見られませんでしたので、先んじて葉を紹介します。
葉が、柿の実の色のようです。

次は秋の王様、栗です。
栗の木も、森に何本かあります。
そして、恵みの栗の実が落ちていました。
DSCF6063.JPG

DSCF6064.JPG

DSCF6065.JPG

街で売られている栗のように、大きくはありません。
でも、美味しい?のかもしれません。

文章 ダー
監修 はーみん
posted by ふる森 at 14:18日記

夏から秋へ

こんにちは。
ようやく朝晩が少しだけ涼しくなりました。
散歩に訪れる方も増えてきました。

足下には、木の実が目立つようになりました。
DSCF5787.JPG

DSCF5788.JPG

ふるさとの森には、池のそばに松林があります。
そこには、沢山の松ぼっくりが落ちています。
DSCF5790.JPG

リースを作るのに持っていかれる方もいらっしゃいます。

次は、コナラのドングリです。
DSCF5807.JPG

何故か、2,3枚葉っぱを付けたものが沢山落ちています。
まるでバドミントンのシャトルの様に、くるくると空から落ちてきます。
DSCF5809.JPG

これは、ハイイロチョッキリという昆虫の仕業のようです。

秋が深まると、いがぐりも落ちてきます。
どうぞ、森の中の散歩を楽しみに、お越しください。

文章 ダー
監修 はーみん
posted by ふる森 at 12:03日記

煌き

こんにちは。
まだまだ残暑がきびしい季節ですね。

森の中に、きらりと光るものを見つけました。
タマムシ (5).JPG

昆虫好きにはたまらない、タマムシです。七色に光ってきれいです。
タマムシ (6).JPG

撮影後、捕獲しようとしたら、ふわっと舞って去っていきました。

次は、ヒガシ二ホントカゲ(幼体)です。ニホントカゲ幼体 (3).JPG

偶然、食事中を発見しました。
ニホントカゲ幼体 (4).JPG

ニホントカゲ幼体 (6).JPG

獲物を咥えて振り回していましたが、
映されているのに気付いたのか、食事を止めて去っていきました。
ニホントカゲ幼体 (7).JPG

大変申し訳ないことをしてしまったのでしょうか?

森の中には、このようなきらめく生き物もいます。
是非探しに来てみてください。

文章 ダー
監修 はーみん




posted by ふる森 at 13:19日記

翼をもった生き物

今回のテーマは飛翔です。

翼を羽ばたかせます。
と言っても、実際に飛んでるところをキャッチするのは難しいので、
静止しているところの写真です。

カラスアゲハでしょうか。
カラスアゲハ.JPG

コナラの樹液を吸っている、サトキマダラヒカゲです。
サトキマダラヒカゲ.JPG

シオカラトンボ、池の畔の紫陽花にとまっていました。
シオカラトンボ (6).JPG

そして、今回のテーマの飛翔が似合う生き物です。
DSCF5559.JPG

DSCF5563.JPG

これは偶然、飛んでいる様を撮影できたのですが、望遠レンズのような、
立派なものではないため少しぼけています。(申し訳ありません)

ふるさとの森に時折現れる「ノスリ」という大型の鳥です。

文章 ダー
監修 はーみん








posted by ふる森 at 16:05日記